平成に包茎で良かった!

平成に包茎で良かった!

世界には、驚くべき習慣があり、その為に成長して包茎に悩むという男子がほとんどいない、という地域もあります。
欧米では、宗教上の儀式の一つとして割礼というものを行う所があります。これは、男の子がこれから成長して男性になる、という前に教会など宗教施設で予め皮膚をカットしておくというもの。ただ、これは現在では、衛生上の問題から、医療機関でカットしてもらってから教会で儀式のみを行うという方法をとっているところも多いようです。
日本と同じように、包茎に悩める国を一つご紹介します。それはお隣の国、韓国です。韓国も日本と同じように成長過程で特に儀式を行うという習慣はなく、成長してから包茎となった場合、クリニックなどに行って手術をする傾向があるようです。韓国は、皆さんご存知のように整形大国です。多くの女性はなんらかの整形をする、家庭によっては、両親が成人した娘へのお祝いに整形をさせるなんて話も聞くくらいですので、男性の包茎手術に関する技術ももしかしたら素晴らしいものかもしれませんね。ただ、昔は、麻酔も何もなく、教会でも「パチッ」とやっていたかと思うと、想像しただけで涙が出てきます・・・。何はともあれ、平成の日本で良かった〜。